★ Y o s h i : アーティスト 大谷 芳照

ー Snoopy の作者、チャールズ・ M・ シュルツ氏と日本人

  アーティストの出会いー

故チャールズ M シュルツ氏とYoshi 大谷芳照
故チャールズ M シュルツ氏とYoshi 大谷芳照

SJ LLP の総合プロデューサーを務める「大谷芳照」は、過去にスヌーピータウンショップのプランニングを担当した際、スヌーピーの原作者である故「チャールズ M シュルツ」氏にその才能を認められ、「Yoshi」というアーティスト・ネームを頂きました。

 

その後、本国アメリカのサンタローザに建設された「シュルツ・ミュージアム」の計画に参画し、ミュージアム内の巨大なタイル壁画や重さ3トンの木製レリーフなどメイン展示のアートも担当しました。きっと、ご覧になった方々もたくさんいらっしゃることでしょうね。

 

Yoshi は、更に、スヌーピー・コミック「ピーナッツ」を題材に、日本の文字とピーナッツ・キャラクターを合体させた水墨画風の作品を発表し、シュルツ・ミュージアムを皮切りに、日本全国で展覧会(「PEANUTS FOUND IN TRANSLATION」)を開催することで、ピーナッツ・ファンに幅広く知られています。

 

そして、「シュルツ・ミュージアム」開館10周年を迎える今年(2012年)、Yoshi はゲストとして正式に招聘されて、現地で、大きな筆を使った見事な『パフォーマンス』を披露いたしました。

 

また、同年2012年は、ワシントンのポトマックリバー沿いに植えられた桜の木が贈られて100年目の年であり、それを記念して、新たに日本からアメリカに数十本の桜の苗木が贈られることになっています。その内の一本はシュルツ・ミュージアムの庭園に贈られましたが、何と! その苗木に、日米文化交流の架け橋としてのこれまでの貢献が認められて、「Yoshi」という名前が命名されました。

 

本人にとっても、人生で最も嬉しい瞬間であったに違いありません。

 

★ Yoshi : Artist Yoshiteru Otani

ー Encounter of Charles M Schulz, creator of PEANUTS

  and a Japanese artist ー

 

 "Yoshiteru Otani"  is the general producer of SJ LLP. When he was responsible for planning of Snoopy Taunshop in the past, he served as the artist, "Yoshi" was recognized his talents to "Mr. Charles M Schulz," because it is the original author of Snoopy, ' I gave the artist name of "Yoshi".'

 

Then, participate in the planning of the "Schulz Museum" head temple of the peanut, which was built in Santa Rosa in the USA, he was responsible for the production of the exhibition main such relief wooden three tons weight murals and tile giant in the museum. We guess a lot of people, and take a look.

 

 He creates the works of the style of painting ink Furthermore, the theme of Snoopy comic "Peanuts" was allowed to coalesce the peanut characters and Japanese characters, starting with the Schulz Museum, in Japan exhibition Yoshi is, (「PEANUTS FOUND by holding the iN TRANSLATION」), widely known peanut fan.

 

And, this year celebrates the 10th anniversary of  "Schulz Museum" (year 2012), Yoshi has been invited as an official guest, in the field, he showed off the "performance" stunning with a brush big.

 

In addition, in 2012 the same year is the year of the first 100 years will receive cherry trees that were planted along the Potomac River in Washington, to commemorate it, and were presented again is cherry saplings

 

And, one of them this has been presented to the Schulz Museum garden, what! Seedlings, the name of this contribution to cultural exchange as a bridge between Japan and the United States that, "Yoshi" and recognized was named .

 

Also for himself, it must have been a most happy moment in his life.

 

ー Yoshi の年表 ー

●1993年 大阪鶴見のスヌーピーのアミューズメント施設計画プロジェクトで、ピー

       ナッツの原作者「チャールズ・Mシュルツ」氏と出会い、その才能を高

       く評価され、シュルツ氏より「Yoshi」という名のアーティストネームを

       授かる。

 

1994年 鶴見のテーマパーク「スヌーピータウン」オープン。以降、全国各地のス

       ヌーピータウンショップのアート・ディレクションを担当。


1998年 アメリカ・カリフォルニア州サンタローザにおけるシュルツミュージアム

       設立計画に参画。


2002年   シュルツミュージアムがオープン。YOSHIのつくった展示作品が世界中で

       絶賛。


2004  シュルツミュージアムにて自らの作品展「PEANUTS FOUND IN          TRANSLATION」を11月から4月までの6ヵ月間開催。


2005年 4月 東京「相田みつを美術館」にて、「PEANUTS FOUND IN             TRANSLATION」と相田みつを作品とのコラボ-ション展を開催。


2005年 12月末より三重県四日市市後援のもと「SNOOPYグランドアート・2006

       in 四日市」を開催。地上絵とひけをとらないダイナミックなアート・イン

       スタレーションが話題を呼ぶ。


2006年 6月には三重県四日市市立博物館にて「2006アートフォーラム四日市ーみ

        んなで創る大きな大きなスヌーピー」を開催。


2006年 12月6日~26 名古屋の松坂屋美術館にて「大谷芳照が訳した『スヌー

       ピーの世界展』」開催。


2006年~2008 中日新聞社とシュルツミュージアムの共催にて「大谷芳照が訳し

       た『スヌーピーの世界展』」ジャパンツアー(※東京・静岡・金沢・仙台

       など)開催。

 

●2012年 8月 ミュージアム開館10周年の記念ゲストとして、ミュージアムに招聘。

       巨大な筆を使った墨のライブ・パフォーマンスを披露。

 

                 日本がアメリカに桜の木を贈呈してから100周年を迎えるこの年、             新たに、シュルツ・ミュージアムの庭にも桜の苗木が贈られ、その木の

       名前が日米文化交流の証として「Yoshi」と名づけられました。

ー Milestones of Yoshi ー

●1993 The project plan Snoopy amusement Tsurumi Osaka, met with Mr.

      "Charles Schulz · M ·" authorship of peanuts, was highly appreciated

      his talents, gifted artist name named "Yoshi" by Mr. Schultz.

 

1994 Theme park "Snoopy Town" open Tsurumi. Since, in charge of art

      direction of Snoopy Taunshop nationwide.


1998 Participated in the establishment plan Schulz Museum in Santa Rosa,

      California, USA.


2000 Mr. Schultz died. And, Schulz Museum opened in 2002. Works made

      ​​of YOSHI were acclaimed throughout the world.


2004  Held for six months to April 11 "PEANUTS FOUND IN             TRANSLATION" Schultz museum solo  exhibition in the U.S. of their

       own.


2005 In "Mitsuo Aida Museum" in Tokyo April, collaboration with the works

      Mitsuo Aida  "PEANUTS FOUND IN TRANSLATION" - an exhibition

      application.


2005 Held a "Grand Yokkaichi SNOOPY Art · 2006 in" under the auspices

      of Yokkaichi, Mie Prefecture from the end of December. Dynamic art

      installations that is not inferior to the Geoglyphs


2006 In June, held a "big, big Snoopy together to create ー Yokkaichi Art

      Forum 2006" at the Museum  Yokkaichi, Mie Prefecture.


2006 In Nagoya Matsuzakaya Museum "Yoshiteru Otani translate World of

      Snoopy Exhibition" December 6 to 26


20062008 Jointly organized by the Japan World Exhibition Tour Schulz

      Museum and Chunichi Shimbun"Yoshiteru Otani translated World of

      Snoopy" . (※, Shizuoka, Kanazawa, Sendai, Tokyo) 


●2012 10th anniversary commemoration of the museum as a guest August,

      invited to the museum.  He showed thelive performance of the ink

      using a huge brush.

      This year the 100th anniversary of Japan since presented the

      cherry trees to the United States, a new will receive a cherry saplings

      also garden Schulz Museum, named after the name of the tree is

      "Yoshi" as proof of the Japan and the United States as a identitiy of

      cultural exchange Friendship.

©2012 Peanuts Worldwide LLC